導入前に確認するべきこと

ケーブル

省エネ効果を狙って、ビルに自動制御の導入を検討しているという方もいるでしょう。実際に導入を検討している場合、いくつか気をつけるべきポイントが存在しています。そのポイントの1つが、導入がビルにとってプラスになるのかという点です。規模の小さなビルの場合、自動制御の仕組みを取り入れてもメリットが少ないという場合も見られます。実際に導入するとどのようなメリットが得られるのかという点を踏まえたうえで、自動制御にするかどうか検討していきましょう。また規模の大きなビルでも、管理者が複数人いるようなケースもあります。複数人の管理者がいる、フロアごとに使っている人が異なる場合には、1人の決断だけで自動制御にできない可能性も出てきます。個々の状況を踏まえたうえで、導入に適しているか考えていきましょう。

自動で温度や照明の管理ができる

電気修理

自動制御は、名前の通りに自動で制御ができる仕組みになります。具体的には、ビルなどの建物における空調や照明をシステムの力によって制御が可能になる仕組みです。例えば空調においては、人が多くいるエリアでは、人々が過ごしやすい温度になるように調整する必要が出てきます。それらの調整をシステムが自動的に行うので、人々はちょうど良い温度の中で過ごしやすくなります。また建物内において、誰もいない部屋の電気がついているままの状態だとエネルギーの無駄が生まれます。自動制御の仕組みでは、センサーを使うことで誰もいない部屋の電気を自動で消すことが可能です。このような仕組みがあることによって、エネルギーの無駄を省き省エネにもつながります。さらにエネルギーの使用状況は、専用端末やパソコンからチェックできます。建物内でエネルギーを多く使っているところを見抜くことで、省エネ対策に取り組みやすくなります。

人の負担を減らせるのもメリットの1つ

電気修理

自動制御は省エネにつながるだけではなく、人の負担を減らせるというメリットもあります。例えば空調の温度設定を人の手で行う場合、人の出入りが多い場合だと、こまめに温度調整が必要になって、仕事の妨げになってしまうこともあります。また照明も、自動制御の仕組みを取り入れることで、消灯確認をする人の負担を減らすことにつながります。また自動制御であれば、システムを管理する人も最小限で済みます。管理する側の人件費を減らせるというメリットもあげられます。自動制御ならではのメリットを活かしながら、より良い形で建物のエネルギーを管理できるようにしましょう。建物の状況に合った形でエネルギーの管理を行っていくことが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中